お葬式にも違いがある

お葬式にも違いがある 人が亡くなれば、故人を弔うためのお葬式をすることが一般的です。お葬式の一般的な流れというのがありますが、葬儀の中でとても大切なのがその家庭の宗派です。その家庭ごとに宗派というのは異なります。一般的に、日本で代表的な宗派は仏教であり、非常に高い割合を占めています。ですが、現代社会では宗教に対する考え方もかなり自由なものになってきているので、すべての人が仏教徒というわけではなく、それぞれがその家庭の考え方に合った宗派に属していることがほとんどというのが今の日本の現状です。

そのため、中には仏教ではない宗派の家庭というのも多くあります。宗派が違うと、死に対する考え方も異なるので、結果的に葬儀の方法や流れも異なってきます。最近では、宗派を問わないという自由葬も多くありますが、故人の意向をくみ取るという考え方を持つのであれば、その家庭にあった宗派の方式で葬儀を行う方が良いでしょう。特に、年配の方の中には、葬式の宗派にこだわりを持つ人も多く見受けられます。そういった点からも、葬儀を行う側になった際には、自分の家庭の宗派が何であるかをしっかりと理解した上で喪主を務めることが大切です。

日本の宗派の90%が仏教という非常に高い割合ではありますが、仏教とひとくくりに言ってもさらに枝分かれしており、多くの宗派が存在しています。自分の家庭の宗派が仏教だということは理解していても、より詳細な宗派を知らない場合は、もしもの時のためにも自分の家の宗派についてきちんと理解しておくと良いでしょう。同じ仏教でも、宗派によって考え方が異なるので、その違いによって葬儀の流れなどが多少変化する場合もあります。簡単に宗派がわかる方法としては、自分の家の菩提寺に問い合わせてみるという方法がありますので、宗派が分からない人は、菩提寺に一度問い合わせてみましょう。

宗派は、葬式の形式にも大きな違いを与えます。一般的な葬式の流れを知っていたとしても、自分の家庭の宗派とは葬式の形式が異なる場合もありますから、宗派の違いに関してはしっかりと理解しておきたいものです。自分の家庭の宗派を理解していれば、葬儀会社に葬儀の手配を依頼するとなった時にも、葬儀会社がその家庭にあった葬儀の準備をスムーズに整えてくれます。また、自分が葬儀を行う側ではない立場だったとしても、どのような宗派があるのかということや、宗派による葬儀の違いを理解しておくというのはとても大切なことです。宗派によって異なる葬儀について紹介しますので、しっかりと理解していきましょう。

最新ニュース